豊胸手術 効果

どんな種類の豊胸手術を受けたかで効果の長さは異なる

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、その施術内容によって豊胸の効果が続く期間は大きく異なります。

 

もちろん期間だけで決めるというわけではないでしょうが、豊胸手術は数十万円かかるのが一般的であり、決して安い料金ではありませんからできれば長持ちしてもらいたいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

効果の低い豊胸手術は

効果が低いというわけではありませんが、効果の持続期間が短い豊胸手術は、ヒアルロン酸を注入するタイプの豊胸です。

 

数か所に注射を打って、ヒアルロン酸を注入することによって胸を大きくする手術ですが、持続期間が短いのはこのヒアルロン酸が体に吸収されてしまうためです。

 

そもそもヒアルロン酸は体の中に存在する成分でもあるので、体に吸収されても全く害はありませんし、そういった点では安心して受けられる豊胸手術といってもよいでしょう。

 

ヒアルロン酸をどの程度注入するかによって、どのくらい豊胸するのかも調整できますし、料金も変わってきます。

 

少しだけ豊胸してみたい、という人であれば、まずはお試し感覚でやってみてもよいのではないでしょうか。注射のみでメスは一切使わないので、手術といってもすぐに終わりますし、翌日から普通に過ごすことができて非常にお手軽です。

 

1年程度でヒアルロン酸が吸収されてしまいますので、その時は再度注入するか、別の豊胸手術を受けるなどする必要があります。

 

効果の長い(永久)豊胸手術は

最も効果の長い豊胸手術は、シリコンバッグなどを胸に入れるタイプの豊胸になります。

 

入れるシリコンバッグによっては料金が100万円を超えるなど、高いものもありますが、それでも不具合がなければ永久に使用できるというのは非常に魅力的でしょう。

 

昔は胸に入れるバッグというと、独特の感触があって触るとわかるなどと言われたものですが、最近のシリコンバッグは非常に柔らかく丈夫にできているのでそのような心配はありません。

 

もちろん中に入っている成分も体に害がないものを使っているので、万が一漏れても大丈夫です。

 

シリコンバッグの場合は異物を胸に入れ、しかも何十年もそのまま過ごすため、将来的な胸の形の変化なども予測して入れるバッグを選んだり、入れる場所を考えないと、不自然な状態になることもあります。

 

経験を積んだ美容外科医であれば、ずっと自然な胸の形が維持できるようにうまく施術をしてくれるので、安心して受けるとよいでしょう。